seijika

 

 

 

 

 

 

 

2020年第1号を更新いたしました。

下記よりダウンロードできます。

【包括的税法 / オムニバス法 (“Omnibus Tax Law”) の草案 日本語版  

【包括的税法 / オムニバス法 (“Omnibus Tax Law”) の草案 英語版

今回発表されたインドネシアの国際的な競争力を高めるための施策で、まだ草案段階ですが、非常に興味深い内容です。

  • 居住地国課税から源泉地国課税への変更

現在、インドネシアは居住地国課税方式を取っているため、インドネシアの納税者は、全世界所得の申告及び納税する義務を負っています。しかし、今回の草案では源泉地国課税方式への変更が記載されているため、インドネシア国外の所得は課税対象外になるようです。草案ですので、実際の運用方法も明確になっていませんが、日本でも給与所得や不動所得のある駐在員の方には、大きく影響します。

  • INPUT VAT(仮払VAT)のクレジット可条件の緩和

現行法のVATの規定によるINPUT VATのクレジット可条件には、一部理不尽と思える箇所がありますが、今回の草案では、改善の可能性があるようです。例えば操業前のINPUT VATのクレジットに関しては、大幅に緩和されることが期待されます。